Blog

最近、小さめのお財布が流行っています。スマホがあれば現金は持たなくてもお支払できるし、大きなお財布は小さなバッグには入らないし。

私もずっと長財布を使ってきましたが、小さいのが欲しいなーと思っていました。

と、思い出したのです。アメリカに滞在していた時に使っていた、ちょっとグレイッシュなブルーの財布。アメリカ紙幣やらDriving Licenseを入れたまままだ持っているじゃないかー!

そこでごそごそと取り出してみたら、いい感じに色が剥げたりして、ちょっとシャビーなお財布になっていました。お財布ってシャビーだとちょっと貧乏くさいかな?とも思いましたが、色も素敵だし、なによりサイズが小さい!新しいのを買うより、Reuseすることにしました。すこし革の汚れ落としを使って磨いてあげたら、この通り!

当時、とっても気に入って使っていたのを思い出しました。これからも、大切に使っていきたいと思います。

先週の日曜日、千葉に行ってきました。帰りに道の駅で、お花を買いました。

まだ、花は一輪も咲いていない、つぼみだけの束。値札には「ポピー」と書かれていました。毛むくじゃらで曲がった茎、その先にあるつぼみにも黒い毛が生えています。なんだか、地球外生物がいまにも口を開けてでてきそうな、そんな雰囲気が面白くて、ちょっと前に買ったガーベラと合わせてみよう、と思い購入し。家に帰って、早速花瓶にいれておきました。

すると翌朝。とても素敵な花が姿を現してのです。

それは、つぼみの見た目とはまったく違う、可愛らしい花でした。薄い色紙でできているかのように、つぼみからでてきたばかりの花びらはしわくちゃです。それがだんだんとピンとしてきて、まるでマリメッコの生地の柄のように、カラフルにお部屋を彩ってくれます。赤、ピンク、黄色、オレンジ、どのつぼみからどの色がでてくるのかも楽しみで、ワクワクしながら翌日を待つ。そんな素敵な日々が2,3日続きました。

毛むくじゃらのつぼみが、人の目を楽しませる花に。はらぺこあおむしが、きれいなちょうちょに。この春、新しい生活が始まりました。勉強をしに新しい土地へ移った人、そんな家族を見送ったお母さん、お父さん。とてもさみしいけれど、いつもと違うって怖いけれど、変化を恐れず、どんどん前に進んでいきたい。ポピーの花をめでながら、そんな風に思ったのでした。

今年、関東は早々と梅雨が明けてしまいました。6月に梅雨が明けるのは、観測史上初ということ。子どもの頃は、梅雨が嫌いでした。雨でどこにも遊びに行けないし、なんだか暗い気持ちになったものです。そんなわけで梅雨を象徴するかのようなアジサイも嫌いでした。子どもの私には、なんだか地味で冴えない花に思えたのです。でも、年を重ねるにつれ、梅雨が好きになりました。5月には淡い色だった草木の緑もぐっと深くなり、雨をたくさんあびて、ぐんぐんと成長していくのを感じます。緑の中にいるとむせ返るような、息苦しいような、そんな草木の息づかいが感じられます。梅雨明けには、雷鳴がとどろき、雨がやむと蝉が一斉に鳴きだす。そんないさぎよい梅雨から夏へのバトンタッチも好きです。それなのに今年の梅雨は、いさぎよさとは程遠く、西日本にとんでもなく長い間大雨を降らせてから去っていきました。西日本豪雨により被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。長かった今年の夏。そんな夏もいつの間にか立秋もすぎて、夜には鈴虫が鳴くようになりました。夏の初めに作ったドライフラワーもすっかり色あせて、夏の終わりを感じます。今では大好きなアジサイと、クリスマスローズをドライにしてリースに。夏の初めの写真です。
ご無沙汰しております。さびなんどです。2018年も始まってすでに半分ほどが経ちました。いかがお過ごしですか?さびなんどはほぼ4年間、古道具から遠ざかる生活を送っておりました。第2子をお腹に宿してからはつわりがひどくて動けず、出産後は子どもがアレルギー持ちであることがわかり、子育てに専念することに。 日々の生活に追われ、自分の時間を持つ余裕などありませんでした。しかし、子どもが成長するにつれ、アレルギーの度合いも小さくなり、少しずつ自分の時間が持てるようになると、錆納戸の倉庫で出番を待っている古道具たちが気になるようになりました。それでも、日常のいろいろな細かいことに追われ、ショップオーナーとしても使命は果たせず。その後ろめたさからか、錆納戸ショップから少し気持ちが離れたこともありました。仕事を持つママ友たちをうらやましく思ったり、うまく時間を作れない自分をダメだと思ったり。商品を撮影する時間もとれないくせに、在宅で秘書や翻訳の仕事ができないかとネットで仕事を探したりすることもしました。でも、昨年末、あることがきっかけで、ショップを本格的に再開すると決意したら、そんな迷いや、羨みや、焦りなどはすっかり吹き飛んでしまいました。わたしに必要だったのは、逃げることをやめて、やるべきことに正面から向き合うことだったんですね。
写真は、仕入れたままずっと放置していた真鍮のドアノブ。茅ヶ崎南湖の新名所、ナスナスショッピの店先にあるガチャガチャで手に入れたナスマサタカさんのプチマチコレクションとともに。重たかったドアを開けて、錆納戸ショップ、再始動です。
バチバチと、まるで線香花火が爆ぜたような小さな実。ある日、実家の母が庭で見つけたものを花瓶に活けていて、なんと可愛らしい花なんだろうと思いました。その時は名前もわからず、「線香花火のような」「花」で検索。ついに、「爆蘭(ハゼラン)」という雑草だということがわかりました。
葉っぱは、あんまり風情がないのだけれど、開花の時期は、ピンクや赤や黄色の丸い粒が可愛らしく、冬が近づくと、こうして落ち着いた赤茶色の実になり、味のある姿を見せてくれます。実家からは種をもらってきましたが、この間見つけました、うちの駐車場の片隅に。古いカルケットのお菓子瓶に入れて。ガラス瓶は、ネットショップで販売します。錆納戸ショップへはこちらから。
気づけば、11月も終わりに近づいています。最近は、なんだか忙しくてゆっくりする余裕もなく、いよいよ年末なんだなという気がします。今日は、古い水差しの紹介です。
裏に、古い月兎印の入った、大ぶりのピッチャーです。摘んできた野草を無造作に入れるだけで、なんだか絵になってしまうから不思議。この一年、頑張ってきた自分へのご褒美に、たくさんのお花を買ってきて、このピッチャーにたっぷり活けるのも素敵です。あわただしい年末だからこそ、ちょっぴりなごんで、ほっとしたいですね。こちらの商品は、錆納戸ネットショップで販売します。ネットショップへはこちらから。
片付けコンサルタントのこんまりさんが提唱している、ときめき整理収納法というのがあります。残すモノを決めるとき、いるいらない、使う使わないという基準ではなく、そのモノを手にとってみて、ときめくかときめかないかで決めるといいます。ときめくものだけに囲まれた生活というのは、毎日をどんなに楽しく、豊かにしてくれることでしょう。ときめくかどうかでいうならば、こんな可愛らしいカップ&ソーサーにはときめかずにはいられません。
ガーリーでいながら、落ち着いたピンクと模様が大人可愛い!日本製の陶器なのに、まるでフレンチシックな印象です。自分の手に持って、自分の価値観を信じて好き嫌いを決める。ブランドや、流行に惑わされず、自分のときめきを信じて好きなものに囲まれて生活できたら、心豊かでやさしい人になれそうな気がします。こちらの商品は、錆納戸ネットショップで販売します。
久しぶりの更新です。今年の夏は本当に暑かった!暑くて暑くて、仕事なんてちっともはかどらない!いっそ、お店は夏期休業にしちゃえ、とばかりに夏休み中は、小学2年生の息子と徹底的に遊ぶことにしました。おかげさまで、思い出に残る楽しい夏も終わり、日に日に秋が深まっていく今日この頃。息子のサッカーの教室に行った時のこと、子どもたちがひっぱって遊んでいたつる性の植物に、かわいらしい赤い実が。サッカーはそっちのけで、つる植物をぐるぐる巻いて、即席リースを作りました。
サルトリイバラ(猿捕茨)。別名サンキライ(山帰来)として有名のようです。
古いランタンと。日が落ちるのもずいぶんと早くなって、あんなに暑かった夏はすっかり気配を消してしまいました。開店休業中だった[錆納戸]も、本格的に営業開始です。ネットショップへはこちらからどうぞ。
剣持勇デザインの古いスタッキングチェアの紹介です。
ミッドセンチュリな雰囲気いっぱいのこちらの椅子は、秋田木工の曲げ木技術が使われた、今も愛される名作。シンプルなデザインとかっこよさ、機能性がロングセラーの秘密のようです。シートはビニールレザー。赤と緑が入荷しました。使い込まれてよい味になった品です。ネットショップにて販売いたします。錆納戸ネットショップは→こちらから。
梅雨が明けた先週末、お父さんは子どもを連れてビーチへ。かぼちゃのおすそ分けをもらったり、近所の子が捕まえたヤモリを見せにきたり、梅雨の間に潮風と雨でベトベトになった窓を一気に磨いたりと、気分はすっかり夏休み。ピカピカの窓を開け放つと、潮風がふわっとはいてきて、そんな窓辺で飲むビールは最高です。梅雨のうちにもらってきたアジサイは、よい感じにドライになって、今年もリースに仕立ててみました。
青と薄紫をまぜて。毎年お花を提供してくださる方々に、感謝です。
古い振り子時計が入荷しました。こちらは戦中戦後、名古屋で掛け時計製造をしていた協立時計工業のものです。
振り子時計というのは、なかなか繊細です。まず、壁に掛けた時にちょっとでも傾きがあると、振り子が止まります。我が家での問題は、どうしても分針が早く進んでしまい、錘を調整してみてもなかなかうまくいかないこと。湿度や温度などによって、振り子の速度も変わるらしいので、素人のわたしには原因がわかりません。これらが、振り子時計はむずかしいといわれるゆえんでしょうか。それでもチャレンジしてみたい方、手間をかけてみたいという方に、ぜひおすすめします。うまくいかなかったら、振り子を止めて、インテリアとして楽しみましょう。そして気が向いたらまたチャレンジ。そうやって根気よく続けていけば、いつかきっと時計が気を許してくれて、正しい時を刻んでくれるのかもしれません。こちらはネットショップにて販売いたします。->錆納戸ショップへ。